体に良い油、悪い油

暑いさなかに恐縮(?)ですが、油の話です。
また、最近は些末な情報はFacebookページで主に更新しておりますので、そちらも併せてご笑覧ください。
 
ざっくり分けると「植物油は良い油、動物油と加工した植物油は悪い油」というのは当院通院中の方にはおなじみですが、今日はもう少し詳しい話をします。
 
これまでの研究で、不飽和脂肪酸が多く含まれる油を摂ると心筋梗塞や動脈硬化の予防、体重減少が期待でき、飽和脂肪酸を摂ると逆の効果になるようだ、ということが分かっています。
(余談ですが、きちんと根拠になる論文を示せるかどうかがインチキ健康記事と信頼できる記事を見分けるコツです)
 
不飽和脂肪酸の多い油というとオリーブ油が有名ですが、実はキャノーラ油・ゴマ油・えごま油・ひまわり油・グレープシードオイルなど日本で売っている食用油の多くが不飽和脂肪酸の多い油ですので、あまり神経質に探したり宣伝に乗せられる必要はありません
 
逆に、飽和脂肪酸の多い油としては、肉の脂身、バター、ラード、マーガリン、ショートニングなどです。これらを多く摂ると死亡率が上がることが既に分かっていますので、極力避けることが長生きのコツです。
実は全乳やチーズ、ココナッツオイルも成分的には飽和脂肪酸が多いのですが、明確に寿命を縮めるという根拠に乏しいので、摂り過ぎにだけ注意していればよいでしょう。
 
では、同じ植物由来の油でもマーガリンやショートニングはどうして体に悪いのか。これは加工の有無が原因と考えていただいて構いません。
 
先に挙げた不飽和脂肪酸の多い油でも、光に当たる・空気に触れる・熱を繰り返し加える、などの行為により飽和脂肪酸が増えて体に悪い油になってしまいます。

なので、油はフタが閉まる容器に入れて冷暗所に保管する、揚げ油は1-2回使ったら捨てる、というのが大事です。また、異物があっても酸化は早くなりますので、唐辛子オイルやニンニクオイルなどは冷蔵庫で保存して早めに使いきるなど、より慎重になりましょう。