ブルーライトは視力低下の原因にならない

メガネやパソコン用フィルターなど、最近はブルーライト対策の製品が多いですね。なんとなく目に悪そう、というイメージを持たれてる方も多いと思いますが、このたび米国眼科学会からブルーライトは視力低下の原因にならないというアナウンスが出ました。これまでに視力低下と関係があるとされてきた研究は、全て現実とはかけ離れた条件でなされていたため信頼性が低いという理由です。今のところは、四六時中ブルーライトを気にして生活する必要はなさそうです。

ただし、ブルーライトは不眠の原因にはなり得ますので、睡眠不足の方は寝る前2時間はブルーライト対応のメガネをかけたり、スマートフォンをブルーライト減少モードにしておくと良さそうです(本当はテレビやスマホを見ないのが一番良いのですが…)。

コメントを残す